とろ火ちゃんの野菜塾

旬の野菜カレンダー

旬の時期にはたくさん収穫できるので、鮮度の良いものが手に入りやすく、安く買うことができます。
そして栄養価が高い!旬の食べ物=自然のイチオシなのです!

「野菜っておいしいね!」を子どもに伝えたいなら、旬の野菜に目を向けてみませんか?

キャベツ

調理に万能!健康に万全

生でよし、煮てよし、炒めても、蒸しても、さらに漬けものでも…。キャベツはどんな調理法もこなす万能野菜。
季節に合わせた品種が作られていて、一年中美味しい野菜です。
春キャベツは結球がふんわり、冬キャベツはしっかり巻いてずっしり重いほうを選びます。夏秋のキャベツはビタミンCが豊富なんですよ。

分類
アブラナ科アブラナ属

原産地
ヨーロッパ

伝来
キャベツの先祖は野生のケール。古代ギリシャ、ローマ時代から胃腸に良い薬草として使われていましたが、品種改良が進み、13世紀イタリアでは現在のように葉の巻かれたものになりました。これが日本に伝わったのは18世紀初頭。最初は食用にされず、観賞用に栽培されたものが葉ボタンとなりました。幕末以降、食用として栽培が始まりました。

日本のキャベツは葉が柔らかく、千切りや浅漬けなどの生食に向いています。一方、ヨーロッパのものは葉が密に詰まり、かたいものが多いです。

春キャベツ…春に出回り、「春玉」とも呼ばれ、葉がみずみずしく柔らかいのが特徴。サラダや漬物に向いています。
冬キャベツ…冬に出回り、「寒玉」といって、葉がかたく、巻きがしっかりしています。千切りやお好み焼きのほか、加熱してもくずれず、甘みが増すことからロールキャベツなどの煮こみ料理に最適です。
夏秋キャベツ…春玉と寒玉の中間で、葉がやわらかく、水分が多いのでサラダ向き。「高原キャベツ」ともいいます。芯に近い部分には特にビタミンCが多く含まれています。

  • 多く含まれる成分:葉酸、ビタミンC、ビタミンUなど
  • 期待できる効果:抗酸化作用、健胃作用など
  • 出回り期:通年

目利きポイント 美味しいキャベツの選び方!

「春キャベツ」は巻きがゆるやか、「冬キャベツ」は葉の巻きがかたいもの
春キャベツ以外はずっしり重いもの
葉が鮮やかな緑色ハリとツヤがあるもの
カットされたキャベツは、中央の軸の高さが全体の2/3以内のものを選ぶ(伸びすぎたものには苦みがある)

キャベツの保存方法

外葉を丁寧にはがして使うと長持ちする
芯をくりぬいて、水を含ませた紙を詰めると日持ちする
カットしたものは切り口が空気に触れないようにラップをして冷蔵庫へ
千切りし水にさらして、水切りしたら冷凍庫へ
さっと塩茹でして冷凍することもできる

親子でキャベツが好きになる!豆知識

  • 胃腸に良いとされるビタミンU「キャベジン」はキャベツ特有のもの。胸やけ、胃潰瘍の予防に効果が期待できます。
  • 関東ではトンカツにキャベツの千切り、関西では串カツにちぎったキャベツが定番!味の相性はもちろん、酵素たっぷりの生キャベツは肉や脂の消化に役立ちます

とっておき!美味しい調理のコツ

切ったキャベツを水にさらすと、切り口から水を吸ってパリッとした食感を楽しめます。短時間なら栄養分の流出は心配ありません。
芯のまわりにはビタミンCがたっぷり!かたい部分を除いたら、浅漬け、サラダ、煮こむとホクホクしたうまみの活きたスープの具になります。
グルタミン酸をはじめとするたくさんのうまみ成分と糖質を含むため、特に冬キャベツは煮こみ料理がおすすめ!

出典元
「花図鑑 野菜」草土出版
「もっとからだにおいしい野菜の便利帳」高橋書店
「世界の野菜レシピ」高橋書店
「野菜のソムリエ ベジフルキッチン」 日本ベジタブル&フルーツマイスター協会(現・野菜ソムリエ協会) 幻冬舎
「野菜塾」日本ベジタブル&フルーツマイスター協会(現・日本野菜ソムリエ協会)監修 技術評論社
丸果石川中央青果


ガスコンロで美味しくなるヒミツは「野菜の美味しい調理術」をチェック!

エンドウ

シイタケ

ホウレン草

ネギ

里芋

白菜

ゴボウ

カボチャ

トウモロコシ

ピーマン

モヤシ

アスパラガス

キャベツ

タマネギ

カブ

レンコン

ニンジン

大根

サツマイモ

ナス

キュウリ

トマト

このページの上へ