とろ火ちゃんの野菜塾

旬の野菜カレンダー

旬の時期にはたくさん収穫できるので、鮮度の良いものが手に入りやすく、安く買うことができます。
そして栄養価が高い!旬の食べ物=自然のイチオシなのです!

「野菜っておいしいね!」を子どもに伝えたいなら、旬の野菜に目を向けてみませんか?

カボチャ

カロテンを多量に含む健康野菜

「冬至にカボチャを食べると風邪を引かない」と言い伝えられています。これは、カボチャに含まれるビタミンA(カロテン)が、風邪の侵入口であるのどや鼻の粘膜を保護し、再生する働きを持つことからだと考えられます。

分類
ウリ科カボチャ属

原産地
日本カボチャ:中米、南米北部
西洋カボチャ:中南米
ズッキーニ:メキシコ北部、北米西部

伝来
日本カボチャは、16世紀にポルトガル人によってカンボジア経由で九州に持ち込まれました。現在は19世紀に導入された、ほっくり甘い「西洋カボチャ」が人気。「カボチャ」という呼び名は、カンボジア原産と誤解されてついたもの。 カボチャを「ボウブラ」という呼び方もありますが、これはポルトガル語のカボチャ「abobura」に由来したものとされています。


日本カボチャ…表面に溝やこぶがあり、「菊カボチャ」ともいわれます。肉質は緻密で粘り気があります。味は西洋カボチャより優れているとされ、比較的ローカロリー。会津、菊座、鹿々谷など。
西洋カボチャ…皮がそれほどかたくなく、果肉はホクホクしています。栄養は日本カボチャより優れているとされています。黒皮(えびす、みやこ)、青皮、白皮、赤皮(打木赤皮甘栗カボチャ)など。
ペポカボチャ…ズッキーニ、そうめんカボチャなど。

品種改良が進んだこと、貯蔵性が高いこと、ニュージーランドなどからの輸入ものが多いので、年中出回るようになりましたが、収穫の旬は夏です。
収穫した時点ではデンプン質が多く、あまり甘さを感じませんが、貯蔵すると酵素の働きにより糖化が進み甘くなります

  • 多く含まれる成分:カロテン、ビタミン類など
  • 期待できる効果:抗酸化作用、免疫力を高めるなど
  • 出回り期:3~9月

目利きポイント 美味しいカボチャの選び方!

外皮が非常にかたいもの
ずっしり重いもの
ヘタの茎がコルク化した組織が盛り上がっているのが完熟のしるし
カットしてあるものは、果肉の色が濃いもの
種が丸々としているもの

カボチャの保存方法

丸のままなら、2~3か月常温で保存可能
カットしたら種とワタを取り、切り口にラップをして冷蔵庫で保存

親子でカボチャが好きになる!豆知識

  • 種に亜鉛が含まれています。一般に種子やナッツ類は高エネルギーなのに対し、カボチャの種は低エネルギー。よく洗って水気をふき、丹念に炒ると美味しいスナックになります。
  • 「冬至南瓜に年取らせるな」ということわざがあります。カボチャは栄養をそこなわずに保存がきくので、野菜のとれない時期の強い味方。しかし、冬至を過ぎる頃には痛んでくるので、年内に食べきるようにという教えです。実際に6か月置くとかえって糖が減少してしまいます。

とっておき!美味しい調理のコツ

油と合わせて調理すると、βカロテンの吸収率が高まります。天ぷら、ソテー、肉と煮物に、ドレッシングやマヨネーズと合わせたたサラダなどがおすすめ。
煮る場合は水の量を少なくし、味付けした後沸騰するまで強めの火で煮ます。沸騰したら弱火にしてさらに煮込みます。
サラダに入れるときはゆでるよりも蒸したほうが水っぽくなりません

出典元
「花図鑑 野菜」草土出版
「もっとからだにおいしい野菜の便利帳」高橋書店
「野菜で探す『健康食べ合わせ』手帖」主婦の友社
「野菜のソムリエ ベジフルキッチン」 日本ベジタブル&フルーツマイスター協会(現・野菜ソムリエ協会) 幻冬舎
「農林水産省」農作物についての故事・ことわざ
「丸果石川中央青果」ウェブサイト


ガスコンロで美味しくなるヒミツは「野菜の美味しい調理術」をチェック!

エンドウ

シイタケ

ホウレン草

ネギ

里芋

白菜

ゴボウ

カボチャ

トウモロコシ

ピーマン

モヤシ

アスパラガス

キャベツ

タマネギ

カブ

レンコン

ニンジン

大根

サツマイモ

ナス

キュウリ

トマト

このページの上へ