とろ火ちゃんの野菜塾

野菜の美味しい調理術

成人の1日の野菜摂取量は350g、小さなお子さんで210gから300g程と言われています。※

同じ野菜でも調理法しだいで、味、栄養価も変わってきます。

野菜に火を通すことで、たくさんの量も食べられちゃう!ガスコンロで野菜の魅力をググッと引き出しましょう!

※参照:「健康日本21」第6次日本人の栄養所要量の活用編

焼く

旨味や栄養素を逃がさない!

ジャガイモやカボチャ、ゴボウ、ニンニクなどのかたい野菜もホックホク! とろけるような甘味が出てきます。 野菜の香りに加えて、少し焦げた表面の香りが野菜を包んで風味が増し、さらに美味しさUP! 野菜が料理のメインになっちゃいますよ!

あぶり焼き
ガスコンロの炎で野菜の表面を焼き付けます。トマトの皮むきが簡単にできます。
トマトのへたの部分に大きめフォークを刺し、Siセンサーの「あぶり・高温炒めモード」にして、全体をゆっくり回しながら皮表面をあぶります。
プチっとはじける音が出たら水にとって。指で皮がするりとむけちゃいます!

直火焼き
グリルで野菜を素焼き。
ガスならではの超高温調理で素早く焼き上げるので、ジューシーな仕上がりです。
ナスやシイタケ、アスパラガスも美味しい!
グリルのオート機能に「焼きなす」等が搭載されているガスコンロもあるんですよ。

揚げ焼き
フライパンに油を多めに引いた中で野菜をカリッと焼きます。 高温の油の中で野菜を加熱すると、ビタミンCなどの栄養素の損失が抑えられます。 ニンジン、カボチャ等の緑黄色野菜は油との相性ばつぐん!色味もきれいに出ます。 Siセンサーコンロなら、常に鍋底の温度をチェック。 約250度を超えると自動で弱火になるため、鍋の熱し過ぎを防ぎます。

蒸し焼き
グリルでアルミホイルやアルミカップを使えば、色々な食材を簡単に蒸し焼きにできます。 温度上昇も早いので蒸し焼き料理も手早く仕上がります。 グリルの汚れも最小限で済みますよ。

野菜とガスのいい関係

焼くことで外から熱が加わり、表面の水分を飛ばして野菜の持つ旨みが引き出されます。
時間をかけるほどに甘味が出てきます。
フライパンで焼くときは、まず強火で表面を焼いて旨みを閉じ込めてしまいましょう。

最新Siセンサーコンロのヒミツ☆グリル

最新ガスコンロのグリルは上下のバーナーで両面同時に焼くことができます。 裏返す手間が省け、調理時間もぐっと短くなりました。 ガスのグリルは立ち上がりが早く、約2分で250度近くまで上がります。 素材の旨みを閉じ込めて、食べたときにジューシーな美味しさが口に広がります。


トマト&チーズ焼きのレシピ

  • 材料:トマト、塩、溶けるチーズ、オリーブオイル、黒コショウ

1)トマトを皮付きのまま厚めにスライス。薄く塩をふる。
2)トマトの水分をキッチンペーパーでふき取り、アルミホイルにトマト、チーズをのせ、オリーブオイルをかけてグリルで焼く。
3)好みで黒コショウをかける。

炊く

煮る

茹でる

蒸す

揚げる

炒める

焼く

このページの上へ